一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.01.07 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

  

 
よかったよぅー。
ひたすらよかった。
普段のライブならその途中で興奮して泣きそうになるんだけど、今回は終わってからじわーと泣きそうになった。じわーと染み渡っていくように、時間差で。

前回はトークが多かった気がしたけど、今回は歌も多かった。
にしても前回がとってもとっても感動したので、今回ももちろん。
私の好きな歌、いっぱいやってくれた。
ゲルニカはいろんな意味でやばかった。強烈だった。
セブンスターで泣いてる子を多数見かけて、その子がまた綺麗な子で、すごく印象に残ってる。
私はキャノンボール聞けてうきうき。
君の声も嬉しかったなぁ。
とにかくたくさん聞けて、本当に嬉しかった。


やっぱすごいです。
ギター1本と歌でもう、やられっぱなしです。
そうしたらそんなふうに弾けるのか、どうやったらそんなふうに歌えるのか。
ギターがひたすらうますぎる。ああいう場所で2人だけだからこそ引き立つ。
2人だけでこんなに惹きつけられるのかと本当に思います。

とにかく余韻の嵐。
私の中でまたナカカズブームがきます。

続きはセットリスト。
いつも忘れるけど、今回はしっかり覚えておいたつもり!


続きを読む >>

ひっさしぶり、ほんとに久しぶりに書きます、音楽のこと。


昨日、中村一義と100s町田氏のトークライブ「まちなかオンリー」行ってまいりました。
音楽から少し離れていた私は、ここ1年くらいライブに行くことさえ躊躇するようになってしまっていたんだけど、「中村一義なんてまずもう見られないかも、来るんなら行かなきゃ」みたいな感じで半ば使命感にかられる形でチケットを取った(彼の場合ほんとに見れないかも、って毎度思うので、その辺上手くできてるぜ)。
いや、でもライブなんていつぶりだ?ほんとに。YUKIかそれこそ前回の中村一義×サニーディサービスかも。あのkcくんのもniw!にも行けなかった。1年前?もっとか?


ボトムラインって来たことあったっけな。
会場に椅子があるとの前情報があったのでどんなのかと思っていたら、そのせいかすごく少人数に見えた。入った瞬間、うわ、こんなに近いの?って。私は後ろの方のど真ん中確保。
始まってみるとほんとゆるくて、さすがトークライブ。ややトーク寄り、みたいな。
写真を見ながらの進行がとっても面白くて、この人こんなツッコむんだ、って結構ツボにはまった…

曲は何曲ぐらいやったかな。
前のサニーディの時、正直あまりぴんと来れなかったので不安だったんだけど、しょっぱなの「愛すべき天使たちへ」で涙出そうになる。
アルバム「金字塔」じゃなくて「キャノンボール」「セブンスター」あたりが好きだと言うとまだまだ浅いと言われそうだけど、やっぱりそれが好きで、生で、アコースティックで聴けたこと、本当に嬉しい。
新曲をしてくれて、歌詞がプロジェクターで出たんだけど、その詩にもがつんとやられて目の前が一瞬にじむ。


ライブなんだから生で聴けるのは当たり前なんだけど、本当に幸せだった。
この場所に立ち会えたこと、本当に。
あの距離感、あの空気感、共有できたこと。
本当に「魔法にかかって」しまったよ。





セブンスター / 中村一義


どうでもいい悩み事は忘れてしまって、また生きていこう、できるだけしっかりした足取りで。
リセットって言葉はあまり良くない意味かもしれないけど、新しい自分として頑張ってみよう、って、単純にそう思った。
生きてる、生きよう、って。



ひっさしぶりに音楽のこと、真面目に語っちゃいました。
とにかく本当に素晴らしかったの。
ぜひ恒例化してほしい企画です。


YUKI、映画「ひみつのアッコちゃん」主題歌をライブ初披露 [JUGEMニュース]

あぁ、私こないだ行ってきたばかりだったんだ。
何だかだいぶ時が経ってしまったように思えるけど。

このニュースの後だったので、私はこのYUKIの、

「大人って年齢のことなのか、どこまでいったら大人なのかと思っていたけれど、花のように咲いて、花のように舞って、風のように周りにいて、いつでもご機嫌でいられる人が大人なのかなと最近思うようになった。」

って言葉を胸に抱いて、見た。
この曲もやってくれました。



アルバムのツアーのように統一感があったかといえばそうではなかったし、喉の調子もよくはなかった(ような気がした)けど、最後の方のMCで、

「言霊を信じているので、できるだけ明るい言葉を選んで使っている。そしたらきっとそうなれる」

みたいなことを言っていて、あぁ、いかに自分はマイナスだったんだろう、と思い知らされ。
歌の力というか、言葉の力に撃ち抜かれた。

最近、私本当に嫌な性格してた。
目を覚まさなくちゃ、本当に嫌な奴になってしまう。



当たり前のことかもしれない。
改めて気づくようなことでもないかも。
でも、これからも胸に留めていたいと思った。

 20111217155251.jpg

YUKIのコンサート、落ち着いたら書こうと思っていたけど。
日が経てば経つほど言葉に落ちなくなってきた。
心にそのまますとんと落ちて、あんまり考えられなくなっちゃったなぁ。
いま一度、ゆっくり思い出してみようと思う。



Hello!からくると思いきやまさかのJOY始まり。
ひみつ でうるっと。
ティンカーベル で涙。
相思相愛 で号泣、でした。

もうただ、それだけ。

相思相愛、素晴らしくいい歌だ。
生歌で泣き「そう」になったことは何度もあったし、感動も毎回だけど、実際に泣「いた」のは初めてだと思う。
もともと好きな曲だったけど、それ以外になにもなく、ほんとに勝手に涙がぼろぼろ出た。涙が出たっていう感じじゃなくて本当に、号泣。
自分でもなかなか信じられない感情だった。不思議だった。
ライブが終わってすぐまたCDを聴いたのだけど、まぁうるうるはしても泣けない。
あれにはやっぱり生の魔法というのがあるのだ。

優しくというより熱く。
穏やかというより激しく。
「うれしくって抱きあうよ」の時は柔らかな心の声という感じだったけど、今回は魂の叫びのようなものが聞こえた。
CDで「MEGAPHONIC」を聴いた時、「うれしくって抱きあうよ」の方が断然いいよ、なんて言ってたのに。
生で見て聴くことによってそれは私の中でとても大切なものになった。



ちなみに。
ちょっとびっくりしたのが、始まって1時間足らずでまさかのYUKI体調不良による中断(ひみつ で泣けなかったのはここにある)。
スタッフさんたちは慣れてたのか意外と落ちついて対応していたのだけど、あとあと2chを見たところYUKIでもそういうこと1回もなかったんですって。
20分近く中断したもんだから正直今日はもう無理なのかもって思ったんだけど。
ある意味貴重だったんだろう。
そこからの復活も凄かった。私は時間を挟んでしまいちょっと変なテンションになっちゃったけど。



あれ、あまり言葉にできないとかいいながらかなり書いてしまった。
とにかく、素晴らしかったのです。
調子こいて東京ドーム先行に申し込んでしまったよ。
東京ドーム、2枚。当たったら誰と行くんだ私?

20111015191428.jpg


勢いで、行ってきました。

実はここ最近ライブ熱がとても下がっていて、行きたい反面乗り気になれずに参加しなかった、というのがあって。
今回もどうしようかな、とほんとは思ってたの。
散々迷って、えいやっ、と勢いでチケット購入。


結果、とても感動したライブでした。
FBYのライブで感動とかちょっと遠い感じするけど、初めて思ったいいライブでした。
私、このアルバムが一番好きかもって思ってて、そしたら田上さんもそう言ってて。
震災の後のアルバムていうのもあって、すごくピースフルな感じがしていて。
ライブもいつもしっちゃかめっちゃかするイメージだけど、今回はほんとに、ピースフルな雰囲気だった。
会場も狭くて一体感もあって。

あと、何が感動ってMCがほんとよくて。TDCのコドモの話とか、最後の締めも。
じーんときちゃいました。
同じツアーでもう1回行きたい、と初めて思ったかも。ってあとトウキョーしかないけど。
でももう1回味わいたいなー。





ライブだから荒い…

あのね、本当素晴らしかった。
やばかったよー。
ドーパンのライブに、RDM、FBY、CG5だからね。むかしっから好きな人はたまらないよね。
ドーパンが主催なのに、Niw!collection with ...みたいだ、なんて言われてたし。
こんなのもう絶対に観られない!と思う。すごく貴重だった!
しかもトーキョーじゃなくて、ナゴヤだからね。



riddim saunter。
久しぶりー。しかし見ない間にさらにかっこよくなっちゃったねぇ。っていうか、オシャレ?
スターも言ってたけど、ヒロシ、君だよ君。君格段にかっこよくなっちゃってるじゃん!
そういう見た目もあるでしょうけど、それより何より私は彼らの歌声が何よりも好きです。生で観るといつもそう思わせてくれる。
,覆里砲いなりフロアに降りてきちゃったり、いきなりハッピー!


CUBISMO GRAFICO FIVE。
もっと久しぶりー。私、実は前のアルバムが好きじゃなくって、ライブも行ってなかったんだよね。
ちょっと演奏してから、なんとまさかのスター・オン・ザ・ステージ。
スターってかつてCG5に所属していて、私あのアルバムがいちばん好きなのー。
そしたらまさかのJAMAICA SONG!!私この曲いちばん好きなのー!!
さすがに感激しました。たぶんそういう人多かったと思う。
私はもうテンション振り切ってた…


FRONTIER BACKYARD。
あれ、ケンジさん太った?髪形のせいかな?でもちょっと違和感ー。
タガミさん喉の調子悪いのか心配だったけど、そんな感じはなさそうだったな。
スターとの確執をいろいろ噂されるようだけど、私的にはどっちでもいいことなんだけど、そのことについて発すれば発するほど怪しくなってしまうから、もう何も言わなくていいよー。
けどドーパンの話したり、懐かしそうに昔の話をしたり、何だかあったかい雰囲気でした。


DOPING PANDA。
もうこのメインにくるまでに、何度マックスになったでしょうか。
でもここではここで、懐かしい曲ばっかでたたみ掛けてくるからさらに大興奮。
途中kcが出てきて、まさかのドーパン×kc「music by.」。これやばいでしょ!かなりドーパン寄りの演奏だったけど。
さらには「GAME」もコラボっちゃったり、いつもと違うドーパンが観れました。
タガミさんやチャーベさんが言うにはまだしも、リディムにまでいじられてたからね。
いつもビッグマウスなスターも今回はたじたじだった。おもしろかったです。
主催者なのに持ち時間あっという間!



もう、本当に夢のような夜でした。
いろいろ周りから言われてたみたいだけど、互いに話題に触れてみたり、ライブに入り乱れたり、ほんとにアットホームな感じですごく楽しかったです。
本当にこの場所に入れたことに感謝感激です。
まじで楽しかった!そしてハッピー。それしかない!


私は終わって会場を出た瞬間、twitterを見まくる。
だってお客さんはほとんど、それやmixiを見て情報交換してるっぽかったから!
やっぱやるべきか?twitter。



今回も熱い内容でごめんなさい。
ライブってなると、つい。
実は最後まで書き終えて更新しようと思ったら何かの間違いで記事が消えるという事件が。
心、折れそうになったよ。いや、折れたよ。
でも執念でまたここまで書きました。
おかげで落ち着いて多少の推敲が出来たかも…



また、くわしくご覧になりたい方はここをどうぞ。
いちばん早かった!と思われるライブレポ


20110225192302.jpg

楽しかった−!

ほんと、行って良かった−。



みんなシャツにタイ姿。かわいかったー。
ナリさんて多分初めて見たけど超かっこよかった。アニキとの佇まい、すごくすてきだったのでそこばっか見てたよ…


それぞれの曲も挟みつつ、カジリディムの曲はだいたいやったんじゃないかな。初めに私の好きな曲を続けてやってくれたのでそりゃあもううきうきしちゃいました。
ただ、私カジさんの曲って知らなくて、DMCがギリかなーなんて思ってたけどそれもあまりぴんとこず(どれがそれかはわかったけれど)、あれれれ。


お客さんはカジさんファンが多かったっぽくて、いつものリディムのライブの雰囲気と全然違った。
もっと若い感じ?
私はちょっと引いちゃったけど曲の合間にも黄色い声飛びまくるし、それがきっとカジさんが言うところの「ガッツがある」ってやつ?声とかとにかくでかい。
なんかちょっと不思議系でした。


ともあれ、「解散ライブです!」とか言ってたし、こういう企画は貴重だと思うので、生で聴けた事に感激で、やっぱり行って良かったです。
そもそもリディムをこんなに短期間に見られるなんてそれだけでも嬉しいし。



ふわー、っと、しちゃってます。



現実世界に戻らなくっちゃあ…


あ、の前にあのプライスレスなライブの感想もまとめよう。
明日できるかな、できたらやろう。



あれはまじめに、まじで、ふわふわー。

20110223183944.jpg


この感動と興奮をどう整理したらいいの。


このメンツ、好きな人めちゃ好きでしょ。たまんないでしょ。やばいでしょ。


やばかったよー!
夢にまで出た!


明日はカジリディムあるし、もう私しっちゃかめっちゃか。

休み休み、まとめていきたいと思います。
何とも、キィーってなります。



体調不良を心配してくださったみなさん、ありがとうございます。
どうもすいません、私そんなことになってました。
けど、やっぱ怖いので(脳の、とかいうのがいちばん響いた!)見てもらうことにします。
いきなり脳神経外科、とかはびびっちゃうんだけど、内科に、いけばいいのかな?

もう11月の話になっちゃうけど。

20101118210422.jpg

行ってまいりました。
私よく考えたら今年YUKIとこれしか行かないことになるのね。1年で2本か、少ないっ。

だからこのライブはすごく楽しみにしていたんだけど、実はこの日朝からめちゃくちゃ体調が悪くて、ほんとにやばいくらい具合が悪くてぎりぎりまで寝ていて、いや、横になっても眠れないほどでもう行けないんじゃないか、諦めようかなってとこまできてたのよ。
一応夜になって出かけられるところまできたので、とりあえず行ってみよう、と。
だめだったら途中から出て帰ってこようと思って意を決して向かった訳です。



もう、やっぱかっこよかったよー。
荒井さん少し痩せた?原さんのMCは相変わらず。
あぁ、かっこよかった。バンアパを初めて聴いた時の衝撃を思い出す。
体調のこと忘れそうになるくらい、ゆらゆらしちゃいました。
「星に願いを」聴きたかったけどやんなかったなー。残念。
やっぱこのライブハウスいいです。とにかく近いし、場所が場所なので某都市よりお客さんも少なめと思う。みんないい距離感。


でね、グッズでライブ限定CDっていうのがあって、買ってみました。

20101209214405.jpg

3曲入り。
ライブ中にもやったけど、異色を放っていた◆すてきすぎる。
,呂箸發く↓はバンアパっぽくないの、びっくり!
今まででもおしゃれ感あるんだけど、何だかまた違う感じのおしゃれ。
すごくいいです。
来年アルバムが出るらしいので楽しみ。



思い出というか、ずっと書こうと思っていたので 思い出に残っているライブ!! の1つとして。

よし、そろそろ1週間にもなるし余韻を振り返っちゃおう!
興味ない人はほんと興味ないと思うけど…



ほんとにね、黄色い声ってあるんだなっていうくらいの歓声からスタート。
舞台にはオーケストラの面々とYUKI。
オープニングの演出も舞台のセットもすごくYUKIらしいメルヘンな感じ。
「紙芝居をイメージして、作ってもらった」とのこと。
遠かったから細かいディティールまでよく見えなかったけど、長い三つ編みを片側から垂らして、衣装も白の羽根みたいなミニワンピ。なんかちょっとブルマみたいな?
「究極の手作りと言えば、三つ編み」という結果になったそう。
「今日は、上手に歌います。ではなくて、1曲1曲心を込めて歌います」通り、たまーに裏声になっちゃったりのところもあったけれど、そんなの気にならないくらい引き込まれていきました。



私ははじめ、YUKIをこの目で見れるという感激の涙が出るんじゃないかと思っていたのだけど、いざ1曲目の「朝が来る」を聴いたら、感激とか自分の想いのそういうのを超えて、その声に泣きそうになった。
「かわいいー!」とかじゃなくて、「歌、すげーパワー!」って感じの。
実際「プリズム」をピアノ1本で歌われた時には、会場全体が息を呑んだと思う。
あのちっちゃい、みんなに「かわいー!」と叫ばれてるYUKIの、一体どこからそんな声が出てくるんだと思うほど。

ギターで演奏の「同じ手」は、生で聴くとより切なくなった。
「ミス・イエスタディ」は元々大好きだったので、聞き惚れた。
まさかの「ハミングバード」でやられた。



私は騙されていたと思った。
JAMで何度も見てた時、そのかわいさや自分がめちゃくちゃ好きだったことが「YUKI、きゃー!」ってなっていたけれど、今になってみてみたら、本当に、歌い方も歌も声も素晴らしいことがわかった。
これはひいき目ではけっしてなくて、YUKIを何となく否定する人にぜひ見て、聴いてほしいと本当に思った。
YUKIをぶりっこだとか別にかわいくないとか言う人いるけど、かわいいだけじゃないんだって!ぶりっこだからじゃないんだって!


しっかり聴かせるところは「座ってゆっくり聴いて」、クラップなところはみんなで盛り上がって、本当に素晴らしかった。
アルバム「うれしくって抱きあうよ」の中でもあまり好きじゃなかった「恋愛模様」は、最後のいちばん盛り上がるところで生で体感して一気に好きになりました。


もうほんと、夢を見ているようでした。


席の都合上、ステージからかなり遠かったのだけど、隣の席の人が親切にもオペラグラスを貸してくれて、本当に助かりました。
ありがとう。
めちゃくちゃ感謝です。


20100828204256.jpg


ツアーパンフは迷いなくゲット!
写真集みたいになっていて、かわいすぎるぜ!!



PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ARIGATO  07/11/20〜

ブログパーツUL5

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM